令和3年7月1日 NEW

皆様、ご安全に!

7月を迎え、1年の半年が過ぎました。

振り返ってみますと、色々な事がありました。

良い事、悪い事、様々です。

 

今思えば、自分にとってプラスになったと思います。

少しづつですが、自分の考え、目標など形になったり、

形になりつつあるものなど、結果がそれなりに、

現れるようになりました。

 

ただ、自分で評価するつもりはありません。

私の考えは、結果が大事だと思っています。

これからもこの先も、

挑戦して成功、挑戦して失敗、試行錯誤をして、

結果となり形になる事を目標とし、まずは残り半年、

精進していきます。

 

7月も宜しくお願い致します。

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志

 

 

令和3年6月1日 

皆様、ご安全に!

早いもので6月を迎えました。

 

今年は梅雨入りが早く、天候も不安定です。

更に暗い話題の報道が多く、

気が滅入ってしまう時もありますよね?

私事になりますが、先日決算だったので、

仙台に数日帰っていました。

 

内容的には、やはり良くありません。

まだまだ勉強不足であり経験不足だと

思っています。

 

時代は更に変化をし、求めてくるものです。

違った視点から変化を見て、考えたら、

違った答えが見つかるものです。

色々いい意味で、物事を6月もしっかり

考えていきます。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

 

代表取締役 長内啓志

 

令和3年5月1日 

皆様、ご安全に!

5月となり、若葉が目に付きます。

いい季節ですね。

 

しかしながら、コロナウイルス・変異種など

流行しています。

皆様は大丈夫でしょうか?

去年の今頃は、日本全体が大変な時でしたね。

今現在も変わりありません。

 

職種柄、大打撃を受けている方々も多い時期に、

出来る事を精一杯やられている企業様を拝見すると、

大変失礼ながら、刺激を受けています。

もし、私が本当に大変な立場だったのなら、

どう考え、どう行動するのか?

本気で考えています。

考えたりしますが、答えは未だに出ません。

 

私も負けていられません。

再度、この大変な時期だからこそ、

迷い、悩んで、しつこいぐらい考えて、

挑戦していきたいを思っています。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志


令和3年4月1日 

皆様、ご安全に!

4月となり、新入社員の方が社会人として、

第一歩を歩き始めると思います。

 

今の世の中、普通通りの入社式や教育なども

大変だと思います。

学生の方も同様、例年通りとはいきませんね。

去年、今年と全然違うこと、コロナなどの弊害に

直面した時代になるとは思いますが、

 

下を向く必要などありません。

悲観的に考える必要もありません。

自信を持っていいと私は思っています。

この弊害だらけの時代に就職、入学された方々、

自分の『糧』になるはずです。

 

最後になりますが、

今年ご就職、ご入学された方々、

おめでとうございます。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志


令和3年3月1日 

ご安全に!

代表の長内です。

 

3月となり、慌ただしい月となりました。

早いもので、下期最終月となっています。

 

最近は、色々な方の話を聞く機会が多いので、

大変勉強になります。

私より年上の方、年下の方などの意見、考えは

全然違います。

違って当然であり、一致する事はそんなに

ありません。

 

この不透明な時期だからこそ、

人の話、意見、考えを聞く事、それに対して

自分の意見、考えをしっかり伝える事が、

大事だと私は思っています。

 

不透明な時期こそ、色々な事を考え、

違った観点から見る事が出来ます。

悪い事ばかりではありません。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志

 

令和3年2月1日 

ご安全に!

代表の長内です。

 

新型コロナウイルス感染第3波の続く中、

今後の動向をしっかり見極めなければなりません。

緊急事態宣言下の現在、景気回復は不透明です。

 

失業者の増加、給与の減少など

他人事で考えては、絶対になりません。

雇用の悪化なども懸念されており、

中小企業の私達にとっては、厳しい状況は去年と

変わりありません。

 

ただ、この厳しい状況を直視しなければなりません。

時間の経過に身を任せるのが、もしかしたら

1番得策かもしれません。

 

しかし、これでは解決に至りません。

二の足を踏ん張り、失敗しても

挑戦しなければならないのが今だと考えています。

 

前を見据えて、今月も必死になり、

頑張って参ります。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志


令和3年1月1日 

皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年は、関係者各位様からの

ご指導ご鞭撻、誠にありがとうございました。

今年も宜しくお願い致します。

 

令和3年を迎えましたが、依然厳しい状況が

続くと考えています。

理由付けする事が、一番簡単です。

去年も言わせてもらいましたが、厳しい状況

だからこそ、挑戦しなければなりません。

 

私は自分の直感を信じて、決して妥協せず

何事にも挑戦、結果を出していきたいと

考えています。

どんな場合においても、ぶれない自分で

いたいと思っています。

 

失敗に終わる事もあります。

それでも私は構いません。

私は、正々堂々真っ向勝負をしていきます。

 

今年1年も色々勉強させてもらいますので、

皆様のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志



 

令和2年12月1日

ご安全に!

代表の長内です。

私事ではありますが、代表になり3年目を迎え

先代と比べて、経験不足、

勉強不足を痛感致しました。

 

自分で何事も経験しなければ、

痛感する事も考えることも

しなかったと私は思っています。

 

時代背景や時間の流れ、

人のせいにするのは簡単です。

ほどんどの事は、時間が解決してくれるものですが

それはある意味、傍観者と変わりありません。

 

この1年、大変な1年だったのは事実です。

しかし、大変勉強させてもらいました。

自分の目標を定めることも出来ましたし、何より

本当の意味で『原点』を考える事が出来ました。

 

私は、まだまだ道半ばです。

だからこそ、妥協せず挑戦する理由が、私には

ありますし、挑戦しなければなりません。

今もこれからも、ずっとその先も

挑戦していきます。

 

12月も宜しくお願い致します。

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志

 

令和2年11月1日

11月になり、未だ厳しい状況が

日本全国続いております。

特に中小企業の我々は、日に日に

変化する背景を直視しなければなりません。

 

しかし私は、この時期を見直す時間と考えて、

10月下旬から、本当の1から見直しています。

変化を体感するには、時間を消費して

積み上げる必要があります。

 

そして必ず結果が問われます。

自分達で評価など必要ありません。

厳しい時代だからこそ、私には挑戦する

理由があります。

 

1つ1つの事に対して、真摯に向き合い

伝統を守りつつ、新しさを追求していきたいですね。

11月も頑張って行きます!

ご安全に!

 

株式会社  長内機工
代表取締役 長内啓志

 

 

令和2年10月1日
全国的に10月より下期を迎え、
上期を振り返りました。
個人的には、反省点、問題点が多く修正を
繰り返しながら、上期を終了致しました。


コロナウイルスの影響のせいだけにするのは、
私的には違うと考えています。
確かに、日本経済の低迷、GDPが約25%低下
稼働率の低下など連日報道されていました。


観光業、飲食業、様々な職種に携わる人達よりは、
私の職種は恵まれていると考えています。
平日はしっかり仕事が出来るように、
感謝する気持ちを常に持つ事です。


弊社がいつも、お世話になっている『お客様』にしても
厳しい状況が続いています。
その状況下で、日々仕事を任せてもらえる箏に
対して、丁寧な対応、丁寧な作業を実践して、
お客様に現場をお返ししなければなりません。


この様な不透明な時代だからこそ、
挑戦する理由が自分にはあります。
逃げず、自分で体感することに意義があると
考えています。


ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志

 

令和2年9月5日

今現在の時代の流れを見ていますと『厳しい』

この一言だと認識しています。

『やりがい』『生きがい』を見つけるにも

難しい時代。

コロナ禍で仕事を失われた方、解雇された方、

働き口が見つからない方。

完全失業者の方が197万人、失業率2.9%

軽視できる数字ではありません。

 

求職者の方、就職活動をされている方に

中小企業の我々にとって、どのように活動するか?

どう魅力を伝えるか?しっかり考えていかなければ

いけないと思っています。

 

『逆境をチャンスに変える』全て物事が上手く

進む訳ではありません。

だからこそ、挑戦する理由があります。

 

ご安全に!

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志

 



令和1年4月20日

仕事を通して『やりがい』を

社員の方、求職者の方に感じ取って

もらいたいと考えています。

 

『やりがい』は、

自分が与えられた仕事から見つけ、

人生の糧にしていくものではないでしょうか?

『やりがい』『生きがい』が

見つからない人は若い世代の方にも

いるみたいですが

「諦めたらいけない!」

私は伝えたいんです。


求職者の方も最後は自分であり、

自分の直感を信じてください。

 

私は、仕事を通じて

『やりがい』『生きがい』を

見つけてもらいたいと、

真剣に考えています。

 

目的を見失った人に、

自分の居場所と自分らしさを

見つけてもらいたいと考えています。

 

挫折を体験して苦しい思いをした人に、

達成感と使命感を

もう一回、感じてもらいたいです。

 

弊社は人材の採用を強化していますが、

人手不足の影響があり

5年前から比較すると厳しい状況だと

痛感しています。

 

人が集まり難い時代に

なってしまったという事です。

 

会社として、時代の流れに

沿った方針を打ち立て、

求職者の方が求めているものは何なのか?

若い世代の方が求めているものは何なのか?

 

しっかりと考え、形にしていきたいと

考えています。

 

私は会社の代表として、

『安定』を弊社の社員へ

 

就職、求職活動から弊社に入社してくれた方に

『未来』と『安定』を約束します。

 

株式会社  長内機工

代表取締役 長内啓志